天台宗からのお知らせ

更新情報一覧

天台ジャーナル137号(2014/08/01)発行されました。

■メイン記事
平和の祈り―広島
10年を迎え、決意を新たに


■素晴らしき言葉たち
批判ばかりされた子どもは非難することをおぼえる
殴られて大きくなった子どもは力にたよることをおぼえる
笑いものにされた子どもはものを言わずにいることをおぼえる
皮肉にさらされた子どもは鈍い良心のもちぬしとなる
ドロシー・ローノルト


■鬼手仏心
『それぞれに咲く』 天台宗社会部長 角本 向雄


■仏教の散歩道
『所有権の移転』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2014年08月01日

天台ブックレット74号(2014/08/01)発行されました。

■今号の内容
第1話 『執着を離れよ』
第2話 『B級ということ』
第3話 『ちょっと、いい話』-そのかごを水につけよ
第4話 『問答有用』-病気とお遍路さん

更新日:2014年08月01日

比叡山宗教サミットのページを更新しました。

比叡山宗教サミット27周年世界平和祈りの集いを下記のとおり開催いたします。
       
○日時:2014年8月4日(月)15:00~
○場所:比叡山延暦寺 一隅を照らす会館前「祈りの広場」
                  


更新日:2014年07月15日

天台ジャーナル136号(2014/07/01)発行されました。

■メイン記事
テーマは「いのち」「おもいやり」
各教区で一隅を照らす運動推進大会開かれる


■素晴らしき言葉たち
一人は米を食べる人、いま一人は米を作る人、
食べる人は抽象的になり易く、作る人はいつも
具体の事実に即して生きる。
鈴木 大拙 『日本的霊性』


■鬼手仏心
『ポジティブとネガティブ』 天台宗一隅を照らす運動総本部長 横山 照泰


■仏教の散歩道
『貧乏神と福の神』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2014年07月01日

ともしび131号(2014/06/10)発行されました。

■今号の内容
【特集】 「比叡山『静』の荒行に挑んだ二十年間」
-総本山延暦寺居士林所長・十二年籠山行満行者 宮本 祖豊師-
【信のシン】 「死ととなりあわせ」
【ひと、仏、こころ】 「輝く風景」

更新日:2014年06月10日

天台ブックレット73号(2014/06/01)発行されました。

■今号の内容
第1話 『かなしみの終り』
第2話 『糸くずの仏さま』
第3話 『ちょっといい話』-終りか始まりか
第4話 『問答有用』-信用できる人

更新日:2014年06月01日

天台ジャーナル135号(2014/06/01)発行されました。

■メイン記事
木ノ下宗務総長が初訪中
―半田座主猊下の親書を允観・国清講寺住寺へ―


■素晴らしき言葉たち
知ってると思いますが、私たちは自分たちの
食べる食べ物のほとんどを作ってはいません。
私たちは他人の作った服を着て、他人のつくっ
た言葉をしゃべり、他人が創造した数学を使っ
ています。何が言いたいのかというと、私たちは
常に何かを受け取っているというということです。
スティーブ・ジョブズ


■鬼手仏心
『猫にウグイス』 天台宗教学部長 中島 有淳


■仏教の散歩道
『危機を救う仏教の思想』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2014年06月01日

天台ジャーナル134号(2014/05/01)発行されました。

■メイン記事
布教師会の核を育てるために
天台宗中央布教師養成所を設立
―本年8月29・30日に延暦寺会館にて研修実施―


■素晴らしき言葉たち
五月は好い月、花の月、
芽の月、香の月、色の月
「五月礼賛」 与謝野晶子


■鬼手仏心
『ゴールデンウィーク』 天台宗出版室長 阿部 昌宏


■仏教の散歩道
『仏教者の「終活」』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2014年05月01日

天台ジャーナル133号(2014/04/01)発行されました。

■メイン記事
未だ癒えぬ悲しみの中、復興を誓う
3/11 天台宗陸奧教区が気仙沼市で慰霊法要


■素晴らしき言葉たち
人間というものは、
必要に迫られなければ、
善を行わないようにできている。
マキャベリ『マキアヴェッリ語録』 塩野七生著(新潮文庫)


■鬼手仏心
『幸せだなあ(2)』 天台宗総務部長 阿部 昌宏


■仏教の散歩道
『プロクルステスの寝台』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2014年04月01日

ページの先頭へ戻る