天台宗からのお知らせ

更新情報一覧

天台ジャーナル141号(2014/12/01)発行されました。

■メイン記事
木ノ下総長ら福島放射能被災寺を初視察
支援に向けて実態と問題点などを聞き取り


■素晴らしき言葉たち
そうして、そうして、神さまは、
小ちゃなはちのなかに。
『はちと神さま』金子みすゞ


■鬼手仏心
『ワンダフルワールド』 天台宗教学部長 中島 有淳


■仏教の散歩道
『インチキ宗教の拝金教』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2014年12月01日

渡邊惠進第255世天台座主がご遷化されました。

前天台座主渡邊惠進大僧正におかれましては、ご尊体にわかにご不調となられ、平成26年11月13日(木)午前5時5分、世寿105歳にてご遷化せられました。謹んでご報告申し上げます。

通夜は16日(日)午後6時から大津市坂本4-6-1滋賀院門跡にて執行いたします。
密葬(延暦寺葬)は17日(月)午後1時から滋賀院門跡にて、本葬(天台宗葬)は12月16日(火)午後1時から天台宗務庁にて執行いたします。
更新日:2014年11月13日

天台ジャーナル140号(2014/11/01)発行されました。

■メイン記事
第11回「一隅を照らす運動」群馬大会を開催
「私たちは忘れない3.11」をテーマに


■素晴らしき言葉たち
遠い道でもな/大丈夫や
一歩ずつや/とちゅうに
花もさいているし/とりもなくし
わらびかて/とれるやろ
『遠い道』原田大助・「ぼくのきもち」(クレヨンハウス刊)


■鬼手仏心
『祈り』 天台宗法人部長 長山 慈信


■仏教の散歩道
『世の中の改革』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2014年11月01日

天台ブックレット75号(2014/11/01)発行されました。

■今号の内容
第1話 『入り舞』
第2話 『ありがとう そしてさようなら』
第3話 『ちょっといい話』-「感謝」
第4話 『問答有用』-比較するな

更新日:2014年11月01日

トップページに人権啓発公開講座のバナーを追加いたしました

本年も人権啓発公開講座が11月21日に開催されます。講師には京都西山高校勤務 加藤博昭さんをお迎えし、教育現場での体験をもとにお話いただきます。参加希望の方は天台宗務庁 人権啓発課までお問い合わせ下さい。 ※入場は無料です
更新日:2014年10月22日

平成26年8月豪雨義援金の御礼と報告

平成26年8月豪雨義援金の御礼と報告

 平成26年8月に四国地方に被害をもたらした台風11号・12号及び8月15日から近畿地方・中国地方・北海道等、全国各地での豪雨災害被災地に対しまして一隅を照らす運動総本部「地球救援事務局」では緊急救援募金を行ってまいりました。
 多くの方々から募金をして頂きました結果、1300万円を超える支援金を頂戴いたしましたこと、厚く御礼申し上げます。
 なお、皆様から頂戴した支援金は、総本部で配分を決定した上で、下記の関係機関等に寄託しましたことをご報告いたします。
更新日:2014年10月17日

「サミットの歴史」を更新しました。

比叡山宗教サミット27周年の内容を追加しました。


更新日:2014年10月15日

第8回「比叡のこころ」講座開催報告

天台宗総合研究センター主催の「比叡のこころ」講座が、開催されました。

本年度は比叡山に昔から伝わる厳しい修行についてシリーズで開催しています。第二弾は伝教大師の御廟である浄土院で十二年間、大師に仕える十二年籠山行を遂業された籠山比丘の高川慈照師をゲストにお招きしました。司会は、当センターの吉田実盛研究員、聞き手役は、当センターの吉澤健吉研究員が務めました。対談では、仏を感得する「好相行」に始まり、侍真僧として伝教大師の立てられた規則に則る十二年籠山行などの修行内容について、受講者目線での問いかけで始まりました。問に対して高川師は、ご縁により僧侶を志した経緯や浄土院の歴史、十二年籠山の規則、「好相行」の成り立ちについて語られました。また、スライドも交え浄土院周辺の解説がなされ、比叡山の中でも聖域である浄土院の雰囲気を感じてもらえる講演となりました。
次回のゲストは、千日回峯行満行者の上原行照師に平成27年2月1日(日)にお話を伺う予定です。
(11月に募集案内を掲載します。)
更新日:2014年10月11日

御嶽山噴火による被災者の皆様へ

御嶽山噴火により被害にあわれた皆様へお見舞いを申し上げます。

この旅の御嶽山噴火の報に接し、現地において、噴石や降灰によりお亡くなりになられた方々、安否の確認ができない方々が多数おられる状況であります。

天台宗といたしましては、尊い生命を奪われた方々とご遺族の方々に衷心より哀悼の意を表し、心よりお見舞いを申し上げます。

また、行方不明の方々の捜索活動が進められ、一刻も早い救出が出来ますことをご祈念申し上げます。

天台宗宗務総長 
木ノ下 寂俊

更新日:2014年10月07日

天台ジャーナル139号(2014/10/01)発行されました。

■メイン記事
世界宗教者平和の祈りの集い
「平和が未来への道」諸宗教の指導者が集う


■素晴らしき言葉たち
汽車に乗ったら窓から外をよく見よ。田や畑に何が植えられているか、
育ちがよいか悪いか、村の家が大きいか小さいか、瓦屋根か草ぶきか、
そういうところをよく見よ。
宮本常一 民俗学の旅


■鬼手仏心
『何も考えるな』 天台宗出版室長 阿部 昌宏


■仏教の散歩道
『仏教者らしい問い』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2014年10月01日

ページの先頭へ戻る