天台宗からのお知らせ

更新情報一覧

天台ジャーナル37号(2006/4/1)発行されました。

■メイン記事
比叡山に命を植える
-来る5月27日に12000本の「ほうとうの森」大植樹祭-


■素晴らしき言葉たち
「ぞうきん」 まど・みちお かど創房刊


■鬼手仏心
『新入社員諸君!』 出版室長 小林 祖承


■仏教の散歩道
『やはり死はこわい』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2006年04月01日

天台ジャーナル36号(2006/3/1)発行されました。

■メイン記事
『雪に埋まった寺院を救え!』
神奈川仏青が除雪ボランティア派遣


■素晴らしき言葉たち
「もう一つ心にのこったのは、おじさんが、
「にわとりは生まれて百五十日でたまごをうみ始めて、人間のために一年間に二百七十コから二百八十コもたまごをうんでくれるんだよ。そして五百二十日くらいで肉になって命を落としてしまう。人間は、トリの命をもらったことを受けとめて、トリに感しゃすることが大事だね」
と言われたことだ。たまごや肉を食べる時、トリの命と育ててくれた方に感しゃしなくてはいけないと思った。」
「命を大切にするこころ」 天拝小学校三年 渡邉 倫子


■鬼手仏心
『科学技術と仏心』 出版室長 小林 祖承


■仏教の散歩道
『ないものねだり』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2006年03月01日

ともしび98号(2006/2/20)発行されました。

■今号の内容
【人物往来】 「月は太陽にかなわない」
-イラストレーター・永田 萠さん-
【ともしびインタビュー】 「千年の命」-大佛師・松本 明慶さん-
【信のシン】 「江戸の子育て」
【お寺へいこう】 「妻宝極楽」

更新日:2006年03月01日

天台ジャーナル35号(2006/2/1)発行されました。

■メイン記事
天台宗 開宗1200年御祥当を迎える


■素晴らしき言葉たち
「怨(うらみ)を以(もっ)て怨に報(ほう)ぜば
怨止(や)まず、
徳を以て怨に報ぜば
怨即(すなわ)ち尽(つ)く。」 伝教大師・伝述一心戒文


■鬼手仏心
『集団登校』 出版室長 小林 祖承


■仏教の散歩道
『苦海に生きる力』 文・ひろ さちや カット・伊藤 梓

更新日:2006年02月01日

天台ブックレット40号(2005/2/1)発行されました。

■今号の内容
第1話 『極楽への道』
第2話 『仏さまのサイン』-その28 四天王さま2-
第3話 『ちょっと、いい話』
第4話 『仏教のこころ』 -その気があれば-
第5話 『問答有用』 -罰(ばち)-

更新日:2006年02月01日

最澄と天台の国宝

3月28日~5月7日、東京国立博物館において天台宗開宗1200年記念 特別展『最澄と天台の国宝』が開催されます。
更新日:2006年02月01日

天台ジャーナル34号(2006/1/1)発行されました。

■メイン記事
濱中内局が発足


■素晴らしき言葉たち
「小さいほうがいい」 高野つる著 「足(あしょ)んこの歌」より・らくだ出版


■鬼手仏心
『蛍の光 窓の雪』 前出版室長 工藤 秀和


■仏教の散歩道
『中道の精神』~お正月スペシャル~ 文・ひろ さちや カット・伊藤 梓

更新日:2006年01月01日

天台ジャーナル33号(2005/12/1)発行されました。

■メイン記事
宗務総長に濱中光礼師を選出
28年ぶりの選挙戦で決定


■素晴らしき言葉たち
「仕事師列伝」 新藤兼人著 同時代ライブラリー・岩波書店


■鬼手仏心
『精進料理』 出版室長 工藤 秀和


■仏教の散歩道
『所有権は誰にあるのか?』 文・ひろ さちや カット・伊藤 梓

更新日:2005年12月01日

平成18年1月26日、御祥当法要が執り行われます。

全国の行事-行事予定をご覧下さい。
更新日:2005年12月01日

根本中堂御本尊が御開扉されます。

全国の行事-行事予定をご覧下さい。
更新日:2005年12月01日

ページの先頭へ戻る