天台宗について

法話集

おみくじ

(問)おみくじで凶を引いたら、何か不吉なことが起きるのでしょうか。

(答)おみくじで「大凶」を引いたら、誰もあまりいい気分にはなれないでしょう。しかし、たとえ「大吉」を引き当てたとしても、浮かれてばかりではおれないものです。凶も吉も回り巡っていくものですから、考えようによっては、今が大凶なら、これ以上は悪くはならないのだと考えることもできます。
 しかし、やはり「大凶」を引いたならば、自分の生活を深く反省して、より慎重に生活するにこしたことはありません。どうしても気になるなら「仏さま、どうぞお守り下さい」とお願いして、今まで以上に精進努力するように心がければよろしいでしょう。
 おみくじは、第十八世天台座主であった元三大師(良源)が創設したと伝えられています。きっと人々が、おみくじを「転ばぬ先の杖」として利用することも願われて、考案されたのだと思います。
 どうぞ日々を大切に過ごして下さい。
掲載日:2010年03月24日

その他のおすすめ法話

ページの先頭へ戻る