大法会とは

不滅の法灯

天台宗祖師先徳鑽仰大法会にあたり

平成二十四年四月から、平成三十四年三月までの十年間に亘って厳修されます天台宗祖師先徳鑽仰大法会は、平成二十五年の慈覚大師の一千百五十年御遠忌を始めとして様々な事業を展開して参りました。この後は、平成二十八年の宗祖伝教大師御生誕一千二百五十年、恵心僧都一千年御遠忌、また、平成二十九年には建立大師相応和尚一千百年御遠忌を相次いでお迎えすることとなります。

天台教学と行門にいそしまれました祖師方の解行双修の足跡をたどることは、世界の平安と人々の安寧のために示された、み教えや信仰を尋ね求める千載一遇のご勝縁であります。

天台宗宗務当局並びに総本山延暦寺当局は、総意を結集し、記念事業の一つ一つにつきまして、引き続き誠意をもって取り組んで参る所存であります。

平成27年4月1日
祖師先徳鑽仰大法会事務局 局長
天台宗宗務総長 木ノ下 寂俊

ページの先頭へ戻る