天台宗からのお知らせ

更新情報一覧

天台ジャーナル125号(2013/08/01)発行されました。

■メイン記事
『戦歿者慰霊・世界平和の祈り』法要
岡山・山陰・四国教区合同で営む
「ノーモアヒロシマ」を次世代へ


■素晴らしき言葉たち
ただただ「慈悲」のために「慈悲」を実践する。
それが心の修行だと思う。
「心の『寺』を観る」佼成出版刊
パリ国立高等研究院教授 ジャン=ノエル・ロベール


■鬼手仏心
『人口一千万人時代』 天台宗社会部長 村上 圓竜


■仏教の散歩道
『プラス思考よりも・・・』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2013年08月01日

天台ジャーナル124号(2013/07/01)発行されました。

■メイン記事
慈覚大師1150年御遠忌各教区法要続々と
近畿、滋賀、茨城教区が厳修


■素晴らしき言葉たち
君はなんでそんな幸せな環境にいるのに、
やりたいことをやらないんだ。
山口絵里子「裸でも生きる」講談社刊


■鬼手仏心
今号休載

■仏教の散歩道
『「南無」の心』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2013年07月01日

ともしび127号(2013/06/10)発行されました。

■今号の内容
【人物往来】 「いのち ほのぼの」
-水墨画家 堂野 夢酔さん-
【ともしびインタビュー】
「線香にお経を印字する」
-京都三恵堂代表取締役社長 吉川 和男さん-  
【信のシン】 「お精進」
【ひと、仏、こころ】 「おにぎり」

更新日:2013年06月10日

天台ジャーナル123号(2013/06/01)発行されました。

■メイン記事
慈覚大師1150年御遠忌御祥当 御影供法要
遺徳を偲び、延暦寺根本中堂において厳修


■素晴らしき言葉たち
空の考え方にあっては、死者と呼ばれる
大兄はこの会場にあまねく存在し、
目の前の花でもあり、空気でもあり、
われわれ自身でもあります。
「空」司馬遼太郎 開高健への弔辞


■鬼手仏心
『哲学する川柳』 天台宗出版室長 杜多 道雄


■仏教の散歩道
『地獄の心、菩薩の心』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2013年06月01日

天台ブックレット69号(2013/06/01)発行されました。

■今号の内容
第1話 『感性を育てる』
第2話 『クジラの足は何本あるか?』
第3話 『背中』
第4話 『ちょっといい話』-運動靴
第5話 『問答有用』-やりがいとは

更新日:2013年06月01日

天台ジャーナル122号(2013/05/01)発行されました。

■メイン記事
「南三陸まなびの里・いりやど」が完成
東北復興拠点の宿泊研修施設 大正大学が中心となって


■素晴らしき言葉たち
「全員、整列」
「案内人殿に向かって、かしらー、右」
高倉健インタヴューズ


■鬼手仏心
『津波てんでんこ』 天台宗法人部長 山田 亮清


■仏教の散歩道
『他力の信仰』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2013年05月01日

天台ジャーナル121号(2013/04/01)発行されました。

■メイン記事
東日本大震災三回忌法要を営む
3/10福島県本宮市 3/11宮城県気仙沼市


■素晴らしき言葉たち
悪い点は誰にでも見える。
九九パーセントがだめでも
一パーセントのプラスを見抜く感性が
専門家に求められることなのです。
安積力也(基督教独立学園高等学校学校校長)


■鬼手仏心
『デコ的生き方』 天台宗社会部長 村上 圓竜


■仏教の散歩道
『不機嫌になる縁』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2013年04月01日

天台ジャーナル120号(2013/03/01)発行されました。

■メイン記事
インド禅定林大本堂落慶6周年
5万人が随喜して記念法要を厳修


■素晴らしき言葉たち
他の人が喜ぶために働くという選択肢もありますよ
池上彰 京都造形芸術大学における集中講義「経済学」より


■鬼手仏心
『般若の顔』 天台宗財務部長 阿部 昌宏


■仏教の散歩道
『精進と努力』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2013年03月01日

ともしび126号(2013/02/10)発行されました。

■今号の内容
【人物往来】 「地球は空気と水でつながっている」
-自然活動家 高野 孝子さん-
【ともしびインタビュー】
「発言は呼応を生む」
-伊勢文化舎代表 中村 賢一さん-
【信のシン】 「九十秒」
【ひと、仏、こころ】 「人の目を気にしない」

更新日:2013年02月10日

天台ジャーナル119号(2013/02/01)発行されました。

■メイン記事
偉大なる先徳への報恩の誠を捧ぐ
慈覚大師1150年御遠忌御祥当法要


■素晴らしき言葉たち
安楽で快適な時間は
記憶に何の痕跡も残さない
鬼海弘雄「日めくり忘備録」文学界


■鬼手仏心
『柳界の一茶』 天台宗出版室長 杜多 道雄


■仏教の散歩道
『人間はみな阿呆』 文・ひろ さちや カット・酒谷 加奈

更新日:2013年02月01日

ページの先頭へ戻る